■現在のカテゴリは・・・・ ペンギン水族館Home » ペンギン水族館ブログ > 飼育日記
2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー別

最新記事

バックナンバー

パレードに向けて練習です!

2014年11月11日
その他記事のアイコン

当館の冬の風物詩である「キングペンギンのパレード」に向けて,

「ハート」くんと「ニコ」くんが練習でペンギン広場に出ました。

写真1 ニコ ハート 軽

【パレード練習中の ニコ(左)とハート(右) 】

 

「ハート」くんは去年パレードに参加しましたが,「ニコ」くんは生まれて初めて飼育場から外に出ました!

ベテランのペンギンたちについて行くことが多い「ハート」くんに対して,初めて外に出る「ニコ」くんは,

気になるものがいっぱいなのか,興味深そうにペンギン広場を1羽で自由に歩き回ってました^_^;

パレードに参加するには,まだまだ練習が必要なのでまた練習のためペンギン広場に登場するかと思います!

タイミングが合えば,練習の風景も見れることができるかもしれません!

「ハート」くん,「ニコ」くんが一緒に登場できるように頑張って練習します(^o^)/

 

写真2 興味津々なニコ① 軽 写真3 興味津々なニコ② 軽

【 初めての外に興味津々なニコ 】

 

キングペンギンのパレード

開 催 日  :土・日・祝日  (平成26年11月22日(土)~平成27年5月上旬)

時  間 :13:30~14:00

場  所 :ペンギン広場

 

キングペンギン「ハート」くん換羽終わります!

2014年11月5日
飼育日記

久しぶりに「ハート」くんについて更新します。

以前ブログで茶色いモコモコの綿羽姿から亜成鳥の姿へ換羽したことを紹介した「ハート」くんですが,

先日から再び換羽が始まりました。

他の成鳥よりも多く餌を食べていて,ブクブクと太っていた「ハート」くん。

太り過ぎでは?!と少し心配していましたが,太っていた理由は,時期がとても早い換羽でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今までは,胸元の色が成鳥より薄かったですが,今回の換羽で,成鳥と同じような鮮やかな色になりました。

これからクチバシの色も綺麗なオレンジ色に変わってくると思います。

この調子だと11/20(木)のキングペンギンのパレードのオープニングにも間に合いそうです(^O^)/

あともう少しで換羽が終わってしまう「ハート」くんですが,最近は窓際でじっとしている事が多いので、

この際に「ハート」くんをじっくりと観察してみてはどうでしょうか?

 

基本 CMYK

 

決め顔・・・?

2014年11月1日
飼育日記

ジェンツーペンギンは,水中から陸上にジャンプして着地することができます。

このことは,ジャンプアップと言われています。

水中から陸上にジャンプして上がれるなんてすごいですよね!

そんなジェンツーペンギンたちが,ジャンプアップする瞬間は,

どのような表情をしているのか気になり,ジャンプアップする瞬間を撮影してみました!

 

1ジェンツー ジャンプ No 25

 

ジャンプアップの際、クチバシが少し開いていますね・・・^_^;

他の個体はどうなのか気になり確認してみました。

写真がぶれていますが、やはりクチバシが少し開いています。

 

1ジェンツージャンプアップ No 24

 

ジャンプに必至なのでしょうね。ジャンプアップの瞬間,他の個体が

どのような顔をしているか,機会があったら報告しますね(^O^)/

ハナデンシャ入りました!

2014年10月30日
飼育日記

長崎ペンギン水族館では、今年もハナデンシャの季節がやってきました。

現在、2Fのポスト水槽にて展示しています!

 

ハナデンシャはウミウシの仲間で,ウミウシの中では大きい種類です。

このハナデンシャは,発光することが知られています!と言っても

はっきりと見ることは難しいです。

 

ハナデンシャ

 

ウミウシと言えば,海底などを這うように移動しますが,このハナデンシャは

卵の形のように丸まって,水中に浮いている事があります。なぜこのような行動を

しているかは分かっていなく,まだ謎の多い生きものです。

 

水槽の中で,流れに任せてゆらゆらと浮いているハナデンシャを見ていると

とても落ち着きます。水中で浮いている姿は,とてもかわいらしいので

じっくりと観察してみて下さいね(^O^)/

 

ハナデンシャ 水中を漂う

● 水中を漂うハナデンシャ

マカロニペンギン2羽 恋の行方は⁈

2014年9月22日
飼育日記

マカロニペンギンの「ドリー」ちゃんのお婿さんとして、しものせき水族館からやってきた「ぱく」くん。

この2羽の仲に進展がありましたので、報告します!

 

2014年の2月に「ぱく」くんが当館に来て以来、

「ぱく」くんは地道に「ドリー」ちゃんにアピールをしていましたが、

気の強い「ドリー」ちゃんは、なかなか「ぱく」くんを受け入れてくれませんでした。

そんな状態が半年ほど続き・・・。

 

 

8月になるころに、やっと当館でも自分の居場所をみつけたのか

「ぱく」くんが巣に執着をし始め、飼育員にも威嚇をするようになりました。

 

 

時には「ドリー」ちゃんに威嚇をすることも・・・。

スタッフの不安をよそに、なんと8月には2羽でディスプレイをする姿が見られました!

どうやら、「ドリー」ちゃんは強いオスが好みのよう。(笑)

そして、9月になってからは、初めて2羽で巣の中にいるのを確認!

 

 

意外と2羽の仲は進展しているのかもしれません!?

これからも2羽の様子を、そ~っと見守りたいと思います♪

 

 

これからも長生きしてね!

2014年9月15日
飼育日記

敬老の日にちなんで,当館のご長寿なペンギンを3羽紹介します!

 

①ジェンツーペンギン (亜南極ペンギン室)

カラーバンド: 赤色

ふ化年:不明

飼育年数:30年 (ジェンツーペンギン最高齢!)

若い個体に負けじと餌を食べてます。

 

②マゼランペンギン (温帯ペンギンゾーン)

カラーバンド: 赤色

ふ化年:不明 (野生個体)

飼育年数:31年 (マゼランペンギン最高齢!)

とても食欲旺盛です。

 

③フンボルトペンギン (温帯ペンギンゾーン)

カラーバンド: 白色

ふ化日:1980年

飼育年数:34年 (現在,当館の最高齢!)

ただいま,換羽中です。

 

 

この他にもご長寿なペンギンがたくさんいます。

これからも元気に長生きしてほしいです!!

今回紹介したペンギンたち,ぜひ探してみてくださいね^ ^!

さかさま泳ぎと言えば?

2014年9月7日
飼育日記

10月12日から開催される長崎国体。

本日(9月7日)より先行開催競技であるシンクロナイズドスイミングがスタートします。

今回は,そんなシンクロナイズドスイミングにちなんだ生きものを紹介します。

こちらの頭を下に向けた魚、ヘコアユと言います。

このヘコアユは、頭を下に向けたまま泳ぐのが特徴です。

集団で泳いだり,時にはバラバラに泳いだりと、

まるでシンクロナイズドスイミングをしている様に見えませんか?

 

長崎ペンギン水族館で現在開催中の

長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会応援事業

 特別企画展 「がんばらんば水族館~水の中のアスリートたち~」 で展示中です!

 

長崎国体も必見ですが、こちらのヘコアユも必見です!

よ~く見るとユニークな顔をしています♪  ぜひ観察してみてくださいね。

 

お盆を過ぎたらご用心。

2014年8月15日
飼育日記

現在開催中の特別企画展「がんばらんば水族館~水の中のアスリートたち~」では、『2014長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会』で開催される種目にちなんだ生きものや分野ごとに記録を持った生きものを展示しています。

今回は、その中でもフェンシングをモチーフにした生きものを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

これは、アンドンクラゲといいます。

クラゲには、エサを捕るときに触手にある毒針で刺すものがいます。アンドンクラゲもその仲間です。

この刺すという動作からフェンシングをモチーフにした生きものとして展示しています。

お盆を過ぎた頃に海水浴をしていると、クラゲに刺されることが多くなります。その犯人が大抵このアンドンクラゲです。

長崎では、このクラゲを「イラ」と呼びます。

お盆前から海にはいますが、まだ小さいので刺されたとしてもあまり痛くありません。しかし、お盆を過ぎるころには大きくなり、刺されると非常に痛いです。

このアンドンクラゲには、光に集まる走光性という性質があります。

夜の漁港などの波静かな場所で、5~10分ほど海中にライトを当てておくと集まってくることがあります。

一度試してみてはどうでしょうか。

これからアンドンクラゲをよく目にする時期です。刺されないように気を付けてください。

 

 

 

マゼランペンギンのヒナ、飼育場デビュー!

2014年7月1日
飼育日記

5月に生まれたマゼランペンギンの大きくなったヒナたち、3羽とも体重2.5Kgを超え、

すくすくと成育しています。

そのうち2羽のヒナが、飼育場デビューをしました!

お母さんに見守られながら、巣の前に2羽揃って出てきていますが、まだ行動範囲は自分の巣の近くのみです。

大人のペンギンとは違って、まだ頭と背中にはヒナ独特のふわふわした羽が残っています。

 

巣から出てくると、「誰だ?」と他のペンギンにつつかれてしまうこともあります。

しかし、おとなしい性格のマゼランペンギン、ヒナも他のマゼランペンギンたちにすんなり受け入れられました!

 

ヒナはまだ巣の中にいる時間が多いですが、時々こうやって巣の外に出てくることがあります。タイミングが合えば、

出会うことができるかもしれませんので、探してみてくださいね。

あと1羽のヒナの飼育場デビューも、そろそろですよ!

恋の季節がやってきた?

2014年6月18日
飼育日記

キングペンギンたちが首を伸ばして、集まっています。

みんなで集まって記念撮影ではなく・・・。

悪さをして立たされてる訳でもありません(笑)

 

キングペンギンたちが、「俺いけてない?」「私、どう?」と他のペンギンに

首をのばしてディスプレイ(アピール)をしています。

現在、キングペンギンたちは恋の季節です。

 

モテモテなペンギンもいれば、ラブラブなペンギンもいます。

   

 

なかには、ペアを間違ったペンギンもいます・・・(それはダメ!笑)。

これから時期は、首を伸ばす、お互いで鳴き合い、その後、お辞儀をするといった行動を

目にすることが増えてきます。これらは、キングペンギンたちのディスプレイ(アピール)

ですので注目してみてください。