■現在のカテゴリは・・・・ ペンギン水族館Home » ペンギン水族館ブログ > 飼育日記
2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー別

最新記事

バックナンバー

ピョンピョン!コロン??

2012年5月27日
飼育日記

ピョンピョン!コロン??

 水族館2階の干潟水槽のトビハゼたち

今日も元気にピョンピョンしています。

 

 そんなトビハゼたちを観察していると・・・     

 コロン!!

 かわいらしく横転する時があります。

 実はトビハゼは、体の表面が乾燥するのを防ぐため、ときどき体を横倒しにして水に浸します。

 突然、横転して、何事もなかったのように元に戻るトビハゼ。

 干潟水槽の前を通るとき、その行動を見てしまうと、おもわず顔がほころんでしまいます。

 

 

 

 

クサガメの甲羅干し

2012年5月24日
飼育日記

クサガメの甲羅干し

新緑がまぶしい季節になりましたね。

ビオトープの池ではスイレンの花も咲き始めました。

さて、この写真、スイレン以外にもある動物が写っているのですが…どこにいるか分かりますか?

池の真ん中にある、石でできた島に注目すると…

いました!カメがたくさん上陸していますよ~

この島はカメたちのお気に入りの場所で、なんと多いときには10匹近く上っていることも…

そんなに集まって何をしているのかというと「甲羅干し」、つまり日光浴をしているんです。

 

のんびりひなたぼっこをしているだけのように見えますが、この日光浴、カメたちにとってはとても大事なことなんですよ。

まず一つは体を温めるため。変温動物であるカメは自分の力だけでは体温を上げることができません。

日光浴をすることで体が温まり、活発に動けるようになるのです。

そして、太陽の光に含まれる紫外線も重要です。

紫外線を浴びると、骨や甲羅の成長に欠かせないビタミンDが体の中で作られます。このビタミンDはカルシウムの吸収にかかわる栄養素で、不足すると甲羅が柔らかくなったり、変形してしまうこともあるのです。

また、水から出て体を乾かすことで、体に付いた寄生虫や雑菌を退治できるので、皮膚病の予防にもなっているんですよ。

 

この甲羅干しの姿は、午前中、特に晴れた日の朝によく見ることができます。

クサガメたちは臆病なので、びっくりすると水の中へすぐに逃げてしまいます。

近くで観察したいときは、ゆっくりそ~っと近づいてみてくださいね!

 

 

「フンボルトペンギンのヨチヨチお散歩」開始!

2012年5月22日
飼育日記

「フンボルトペンギンのヨチヨチお散歩」開始!

長崎ペンギン水族館、冬の風物詩「キングペンギンのパレード」も終了し・・・

5月12日から・・・はじまりました!!「フンボルトペンギンのヨチヨチお散歩」!!

堂々としたキングペンギンたちとは違い(違いすぎ?)あちこちうろうろ~コースアウトなんて当たりまえ!

フンボルトペンギンらしく、コミカルに楽しいお散歩です(スタッフ苦笑いですが・・・)

ぜひぜひ、会いにお越しください!

キレイなタコにはご用心?!

2012年5月19日
飼育日記

キレイタコにはご用心!!

本日開催しました第106回飼育係こぼれ話は、「磯あそびのススメ」と題して、磯遊びの楽しみ方や磯の生きものについてお話しました。

磯は、海のいろんな生きものとの出会いがとても楽しい場所ですが、危険が潜んでいることも・・・?!

そこで今日は、海の危険な生きものについてもお話させていただきました。

 

磯などの浅い海に猛毒のテトロドトキシン(フグ毒と同じ神経毒)をもった「ヒョウモンダコ」という全長5~12㎝ほどの小さなタコがいます。

普段は、地味な色をしていますが、危険を感じて興奮すると、鮮やかなブルーの斑紋が美しい体色に変化します。

■安静時:褐色で鮮やかな模様は目立ちません

■興奮時:美しい蛍光ブルーの模様に変化します

 

日本では、房総半島以南に分布していますが、近年では、これまであまり記録がなかった九州北部でも目撃例が多くなっているようです。

噛まれると危険なタコですが、自分の身を守るために噛みつくことはあっても不用意に手を出さなければ被害にあうことはありません。

 

近日中には展示予定ですので、磯遊びに行く前に水族館でヒョウモンダコをチェックしてみてはいかがでしょうか?

※生物の状態により展示変更となる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

モンハナシャコの高速パンチ!

2012年5月12日
飼育日記

モンハナシャコの高速パンチ

 

現在、開催している「海のお花畑展」の会場に、モンハナシャコを展示しています。

シャコの仲間の中でも特に美しいといわれているモンハナシャコ。

その姿から、ダイバーにも人気のある海の生物です。

 

しかし、なかなか攻撃的な性質を持っていて、鎌型の強力な捕脚からくりだされる高速パンチはカニの甲羅や貝をたたきわることも…

 

モンハナシャコに餌をあげる時は、その高速パンチが出てこないかと、少しだけドキドキしています。

 

きれいなバラにはトゲがあるといいますが、きれいなシャコには高速パンチがあるということで、どちらも近づきすぎにはご用心を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キングペンギンのパレード終了」

2012年5月10日
飼育日記

キングペンギンのパレード終了!!

昨年11月19日(土)から開催していた今期の「キングペンギンのパレード」は5月6日(日)をもって終了しました。

来期は2012年11月23日(金)からです。

それまでの間、暑さが苦手なキングペンギンたちは冷房の効いた亜南極ペンギン室でしばしのお休みです。

 

5月12日(土)からはキングペンギンとバトンタッチをした「フンボルトペンギンのヨチヨチお散歩」が始まります。

フンボルトペンギンはサボテンが生えている南米のチリやペルーに生息しているペンギンです。

(実は、フンボルトペンギンの飼育場にはサボテンを生やして、生息地を再現しているんですよ!)

暑さにも強く、これからの時期にも外に出てきてお散歩をすることができます。

みんなでそろってパレードをするキングペンギンとは対照的に

自由気ままに歩くフンボルトペンギンの姿を見に来てくださいね。

 

   

     「キングペンギンのパレード」

                             おつかれさまでした!!

              

   

    「フンボルトペンギンのヨチヨチお散歩」

               これからがんばってね!!

<開催場所> ぺンギン広場  <開催時間> 13:30~13:50

 

 

 

 

 

色とりどりのウミウシ畑

2012年5月6日
飼育日記

色とりどりの

 

現在開催中の「海のお花畑展」では、色とりどりのウミウシの仲間を展示しています。

「海の宝石」とも呼ばれるウミウシがカラフルなのには、ワケがあります!

 

赤、青、黄色etc…のハデハデな警戒色は、毒性や不快な物質を持っていることのアピール!実際に美しいアオウミウシは弱い毒のある海綿を食べて毒性をため込んでいます。

一見、ハデな色は目立ちますが「食べても美味しくないよ~」という目印になるのです。

また、ウミウシ仲間には、エサとなるサンゴの仲間のヤギ類についていることがあります。エサと同じ色であることで、オレンジやピンクのカラフルな色であっても、カムフラージュとなるのです。

 

そしてこちらは、ヒカリウミウシ。

カネゴン(知ってるかな・・・?)のような風貌をしていますが、ただ者ではありません。

名前のとおり、危険を感じると発光する性質があります。

また、なんと!水中を泳ぐこともできるウミウシなのです。

くねくねと体をくねらせて泳ぐ姿はなんともユーモラス♪

運がよければ、泳いでいるヒカリウミウシが見られるかもしれませんよ~

 

会場では、全部で9種類のウミウシを展示中です!

ぜひ色とりどりのウミウシ畑を見にきてください。

 

 

 

キングペンギンの衣替え

2012年5月5日
飼育日記

みなさん、衣替えは終わりましたか?

ただいま、キングペンギンたちは衣替えをしています。

ペンギンたちの衣替えは、羽が生え換わることです。(換羽といいます)

体を覆う羽は、だんだんと傷んできます。

そのため、ペンギンたちは1年に1度、羽を新しく生え換えて、防水性がなくならないようにするのです。

モコモコした姿のペンギンたちは、古い羽の下から新しい羽が伸びてきているところです。

 

その後、だんだんと古い羽は抜け落ちていきます。

新しく綺麗な羽になったキングペンギンたちには、恋の季節が待っています。

 

 

 

 

 

 

 

~こどもの日~ 水族館で育った「ショウブ」のプレゼント!

2012年4月30日
その他記事のアイコン

昨年も実施しご好評いただいた「ショウブのプレゼント」を、今年も実施いたします!

 

5月5日は「端午の節句」。

昔からこの日には、子どもの無病息災を願い、ショウブを入れたお風呂「菖蒲湯」に入ったり、鉢巻にしたりする風習があります。

「ショウブ」とはサトイモ科の植物で、葉を傷つけると独特の良い香りがするのが特徴です。

あまり目立ちませんが、この時期は花も咲いているんですよ。

いったいどんな花かというと…

 

この写真中央に写っている、にょきっと伸びたものがショウブの花です。

実は、これ全体で1つの花ではなく、中心にある軸の表面に、小さな花がいくつも集まってできているんです。

ぽつぽつと白く見える部分、一つ一つがショウブの花なのです。

こうした咲き方は「肉穂花序(にくすいかじょ)」と呼ばれるもので、サトイモ科の植物の特徴です。

面白いショウブのお花、自然体験ゾーンでぜひ観察してみてくださいね!

 

さて、このたび自然体験ゾーンでとれたこの「ショウブ」を、ご来館いただいた皆様に無料で配布いたします!

菖蒲湯の入り方は簡単、沸いたお風呂にショウブの葉を浮かべるだけです。

水族館で遊んだ後はゆっくりと菖蒲湯に入ってみてはいかがですか?

小さなおともだちには、折り紙の「かぶと」のプレゼントもありますよ!

5月5日のこどもの日は、ぜひ水族館に足をお運びください♪

(※ショウブ、「かぶと」は数に限りがありますので、なくなり次第終了といたします。ご了承ください。)

 

◆ショウブのプレゼント!

実施日/5月5日(土)

時間/10:00~(なくなり次第終了)

場所/正面玄関前

ミズヒキガ二登場!

2012年4月29日
飼育日記

ミズヒキガニ登場!!

 

春の特別企画「海のお花畑展」会場のオオイソバナ水槽にミズヒキガ二が仲間入りをしました。

ミズヒキガ二は青森から九州に分布し、水深10m~300mの砂底、砂泥底で生息が確認されているカニの仲間です。本個体は長崎市野母町の漁師さんの定置網漁で捕獲されました。

 

 

このミズヒキガ二の第4歩脚の指部はハサミ状で、刺胞動物であるシロガヤなどを持ち、危険を感じるとそれを振り上げて威嚇します。

 

 

 

自然の海とは違い、展示水槽内では他の生物に襲われることはないのですが…

特別展の水槽に入れて、1時間後に様子を見に行った時にはすでに、オオイソバナの切れ端を背負っていました。

 

何かを背負っていたほうが落ち着くのかもしれませんね。