■現在のカテゴリは・・・・ ペンギン水族館Home » ペンギン水族館ブログ > 2012年
2022年1月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー別

最新記事

バックナンバー

第11回「ナガサキ折り紙ペンギン」~平和への願いをペンギンに託して~

2012年7月7日
その他記事のアイコン

第11回「ナガサキ折り紙ペンギン」

~平和への願いをペンギンに託して~

長崎ペンギン水族館では、毎年、来館者の皆様に「折り紙ペンギン」を折っていただき、千羽鶴のように「千羽ペンギン」にして、8月9日の「長崎原爆祈念日」に平和公園に献納させていただいております。この活動もおかげさまで、今年で11回目となりました。

昨年までは「折り紙ペンギンプロジェクト」と題して、当館以外に「ペンギンアート展実行委員会」、兵庫県の芦屋会場(大田美智子氏)との共同で実施しておりましたが、今回からは、当館のみの主催となり、タイトルも改め、「ナガサキ折り紙ペンギン」として実施いたします。

今回は、ご来館いただいた方々に、平和や自然と人との共存への願いを込めて、折り紙ペンギンを折っていただきます。折り紙ペンギンの羽には平和へのメッセージを書いていただき、皆さまに折っていただいた「千羽ペンギン」は、8月9日(木)の「長崎原爆祈念日」に、平和公園へ献納させていただきます。

 

 

■会場の様子(第10回折り紙ペンギンプロジェクト)

 

■8月9日「原爆祈念日」の献納の様子 

 

◎実施期間:平成24年7月8日(日)~8月5日(日)

◎実施場所:長崎ペンギン水族館2階 バーチャルシアター前

◎献 納 日 :平成24年8月9日(木) 長崎原爆祈念日

◎参加方法:水族館にご来館いただければどなたでも参加できます。

 

―お問い合わせ―

長崎ペンギン水族館

TEL 095-838-3131

 

たったひとつのナナツボシ

2012年7月3日
飼育日記

たったひとつのナナツボシ

開催中の「水族館の七夕まつり」では、七夕にちなんだ生物7種類を展示しています。

今回はその中から、カタクチイワシ水槽で泳ぐマイワシをご紹介しましょう。

マイワシは体の側面に7個ほどの斑点が並ぶことから、別名「ナナツボシ」と呼ばれています。
現在水槽内で泳いでいるカタクチイワシは5000匹程!!
実はマイワシはその中に1匹しか入っていません。

群れの中でたった1匹を絞って探しだすということは大変です。
海でもイワシは群れで泳ぎます。大群で泳ぐことにより、イワシを食べようとする生き物は狙いを絞りづらくなります。

水槽でマイワシを探せば、そんなイワシを食べようとする生き物の気持ちが少しだけ分かるかもしれません。

 カタクチイワシの群れの中で泳ぐ、たった1つのナナツボシを見つけられるかな?

フンボルトのヒナ、順調に成育中!

2012年7月2日
飼育日記

フンボルトのヒナ、順調に成育中!

先日紹介した孵化37日目と34日目のフンボルトのヒナ2羽は、毎日親から餌をもらい、体重も2㎏を超え、すくすくと成育しています!2週間前は体重約1㎏でしたので、たった2週間で2倍も大きくなりました!

 

でも、大きくなるのは体だけではありません・・・・

 

この写真、首をかしげて、可愛く見えますが、実は、スタッフを威嚇しているんですよ!

体だけでなく、態度も大きくなる(笑)ヒナちゃん!今後も、ヒナの成長から目が離せません!!

エサキアメンボ展示開始!

2012年6月30日
飼育日記

エサキアメンボの展示を開始しました!

 

先日こちらの記事でお知らせいたしましたエサキアメンボですが、

本日より展示を開始いたしました!

水槽は、館内1階の「長崎の海大水槽」横(2階へ上る階段の横)に設置しています。

 

なかなか見ることのできない珍しいアメンボです!この機会にぜひご覧ください。

エサキアメンボはとても小さいので、目を凝らしてよーく観察してみて下さいね!

海星に願いを☆

2012年6月24日
飼育日記

海星に願いを

さ~さのはサ~ラサラ♪

梅雨まっただ中ではありますが・・・もうすぐ7月ということで七夕の季節がやってきますね。

昨日より、水族館では一足早く「水族館の七夕まつり」を開催中です。(7/7まで)

今回は、「水族館の七夕まつり」の中でも、七夕にちなんだ海の生きものを展示している「七夕水槽めぐり」の中から、2階ポスト水槽で展示中のコブヒトデモドキの仲間をご紹介いたします。

中心から腕までの長さが約10㎝もある大きなコブヒトデモドキの仲間Pentaceraster regulusは、熱帯性のヒトデで昨年の10月に長崎市沿岸で捕獲されました。

和名はついていませんが、学名のregulus(レグルス)とは、ラテン語で「王子様」の意味があり、夜空に輝く星座のなかでも獅子座のひときわ明るく光る恒星の名前でもあります。

ヒトデを漢字で書くと「海星」ですから、このコブヒトデモドキの仲間は「海星(ヒトデ)の王子様」?!

なんともロマンチックないわれのある海星(ヒトデ)に願いを込めて☆

みなさんも七夕水槽めぐりを楽しみにお越しください♪

「水族館の七夕まつり」開催!!

2012年6月22日
その他記事のアイコン

水族館まつり」開催!!

もうすぐ7月ということで♪七夕の季節がやってきます。

そこで、長崎ペンギン水族館では、6月23日(土)~7月7日(土)までの期間、七夕恒例の「水族館の七夕まつり」を開催いたします。

今年も水族館ならではの七夕を楽しみにきてください♪

 

■七夕水槽めぐり

七夕にふさわしい海の生きものたちを7種類展示しています。

目印は「笹の葉」です♪館内の七夕水槽をめぐって、たくさんの七夕にちなんだ生きものを見つけてください。

  

■シモフリタナバタウオ

英名で「Comet  longfin」。「Comet(コメット)」とは、彗星(すいせい)の意味があります。

 

 

アマノガワテンジクダイ

星を散りばめた天の川のような白い斑点が特徴的です。

 

■コブヒトデモドキの仲間(Pentaceraster regulus

ヒトデは漢字で書くと「海星」。学名の「regulus(レグルス)」は、しし座のなかでも一際明るい恒星。

 

 

【展示生物】

シモフリタナバタウオ、アマノガワテンジクダイ、コブヒトデモドキの仲間(Pentaceraster regulus)、クロホシイシモチ、ギンガハゼ、ホシササノハベラ、マイワシ(別名:七つ星)

※展示生物は、変更となる場合がございますのでご了承ください。

【開催場所】館内1階~2階展示水槽

 

■短冊に願い事を書こう!!

短冊にみなさんの願い事を書いて、笹の葉に飾ってお楽しみください。

【開催場所】2階バーチャルシアター前

      

  水族館ならではの短冊に願いを込めて・・・☆

 

■「七夕☆折り紙教室」

おり姫・ひこ星やペンギン等の折り紙や飾りを折ってもらい、お楽しみいただけます。

折った折り紙は笹竹に飾ったり、お持ち帰りいただくことができます。

折り方は水族館ボランティアが指導いたします。

<日時>平成24年7月7日(土) 13:00~15:00

<場所>長崎ペンギン水族館2階バーチャルシアター前

 

 

―お問い合わせ―

長崎ペンギン水族館

TEL 095-838-3131

 

フンボルトペンギンヒナ、成育中!!

2012年6月19日
飼育日記

フンボルトペンギンヒナ、成育中!

この可愛いお尻の2羽・・・5月26日・29日に孵化したフンボルトペンギンのヒナたちです。

孵化したときの体重は92gと74gと片手に乗るほどの大きさでしたが、現在は・・・

約1㎏にまで成長!!もう、片手には乗りません(笑)

まだまだ目が離せませんが、どうか、元気に大きくなりますように!!

よいしょー!

2012年6月18日
飼育日記

よいしょー!

2階ポスト水槽にキメンガ二を展示しました。

 キメンガ二は漢字にすると、「鬼面蟹」。

甲羅にイボ状の突起があり、こわそうな顔にも見えることからこの名がついています。

このカニは背中側にも歩脚があり、二枚貝の貝殻や木片などをつかんで、外敵から身を守るために体を隠すことがあります。

 しかし、何かを背負ってしまったら、せっかくの甲羅の模様が見えません!

 そのいかつい甲羅の模様にびっくりするのは、人間だけなのかもしれませんね。

 よいしょー!

第107回飼育係のこぼれ話「田んぼの魚 メダカの話」

2012年6月15日
その他記事のアイコン

毎月第3土曜日に、飼育係が様々な生き物のエピソード、飼育の裏話をする「飼育係のこぼれ話」。

今回は、童謡にも歌われる、日本人にとって馴染み深い「メダカ」についてお話します!

野生では数が減り、今や珍しい存在になってしまったメダカたち…彼らの生活をちょっぴりのぞいてみませんか?

 ▲卵を持っている親メダカ

 

日 時:平成24年6月16日(土)   11時30分~ (約30分)

場 所:長崎ペンギン水族館 2階バーチャルシアター前

参加料:無料 (入館料のみ)

―お問い合わせ―

長崎ペンギン水族館

TEL 095-838-3131

 

作品 「想」

2012年6月15日
飼育日記

作品 「想」

2階のペンギン・グッズギャラリーでは、5月3日より大きな絵を展示しております。

 

 この絵は、広島市立大学芸術学部の金子由佳さん(長崎市出身)が、卒業制作として描いた日本画です。この作品のモデルは、当館のキングペンギンたちなんです!金子さんは、昨年の夏休みに何度も何度も当館に足を運び、この作品を完成されました。当館と深い繋がりのある作品なんですよ。金子さんは、現在もこの道で活躍されています。

画像では伝わりにくいでしょうが・・・ 約2m×1・8mのとっても大きなペンギンいっぱいの作品です!ご案内が遅くなりましたが、ぜひ、ご覧ください!!